熱中症

3月から11月はすごく紫外線が強いので要注意

今年も暑い夏が過ぎようとしています。
年々紫外線が強くなっているような気がしますが
女性にとって日焼け止めは欠かすことのできないアイテムです。

私は3月から11月まで、外出する際は日焼け止めを欠かしません。
特に春と秋は、夏ほど暑さを感じないので紫外線も強くない
と思いがちですが、春と秋の紫外線はどちらかといえば、ジワジワと照りつけます。

私は春にお花見、秋には紅葉を見物しに行きますが
どちらも紫外線で大失敗した経験があるため、3月から11月までは
日焼け止めを必ず塗って出かけます。

そして外出先から帰ったら、できるだけ早めに洗顔し肌をケアします。
夏よりも幾分、弱くなった紫外線ですが、ジワジワと肌を
照りつけているのですから、肌には負担がかかっています。

紫外線を浴びた肌は、洗顔して毛穴をきれいにし、できれば全身用の化粧水を
たっぷりしみ込ませます。その後に普段使っているスキンケアの化粧水をつけます。
肌がひんやりとしたら、美容液、乳液と続きます。

また私は比較的、肌が弱い方なので日焼け止めは、SPF30前後のものを使います
SPFの数値が低いと、頼りない感じがしますが、日常生活の紫外線なら充分に防げます。

真夏の海水浴などは、SPFの数値が大きい、皮脂や汗、水に強いものを選びますが
普段はSPF30前後くらいが、肌にかかる負担が少なくて済みます。

また季節の変わり目は、体の抵抗力も下がり、肌トラブルも起こりやすい時期です。
できるだけ肌にかかる負担を減らしながら、ジワジワ照りつける紫外線から
肌を守ってあげましょう。

秋の季節でも日焼け止めは必須です!!

日焼けと言えば、夏のイメージが強くて、この時期だけは
日傘を使ったり、日焼け止めを塗ったりと、しっかり対策をしていました。
しかし、暑さも落ち着いて、涼しい風が吹くと、なんとなく、
この日焼け止め対策から解放された気分になってしまいます。
ジリジリと肌を焼く日差しも無く、また来年という気持ちになっています。
夏以外の季節だと、長そでを着用していのであまり心配はしていませんでした。
しかも、夏に黒くなったのが、秋から冬の間には、薄れていくので、
やはり、秋冬はあまり日焼けをしないと思っていました。
冬は雪があれば雪焼けがあるので対策をします。
春は春で、紫外線量が多いと言われるので、対策をします。
秋はやっぱり、そこまで熱心に日焼け対策をしないし、
日焼けに対して気持ちが緩んでいる気がします。

しかし、よくよく考えると、この秋こそ、夏のケアをしないと
シミが一気に出てきてしまう気がします。
夏の間に受けたダメージが、だんだん表面化してくるのが、この時期なのではないでしょうか?
と、なると、この時期にもしっかり日焼け止め対策をしていないと、
この表面化したシミやそばかすが、より濃くなったり、
次の季節には多くのシミ、そばかすに化けてしまう気がします。

太陽がある限り、紫外線を受けないということはないので、
シミやそばかすを増やしたくないのならば、
年間通して日焼け止めの対策をとらないといけないと、改めて反省しました。

秋もまだ、残暑が続いて、日差しが強い時があるので、
帽子や、サングラス、もちろん日焼け止めクリームも使用を続けたいと思っています。

やっぱり風邪を引いてしまいます

"季節の変わり目は、いつも風邪をひいてしまいます。朝晩冷えるのに、日中はすごく暑い、とか体が付いていかない感じなんです。どこか、自律神経も狂うようで、妙に涙もろくなったり不安症になったりして 思いつめるようなこともあります。
本当は睡眠薬などもらいたいと思うのですが、心療内科の敷居が高くなかなか行けていません。
知り合いも、季節の変わり目にちょくちょくパニック障害を起こして 過呼吸になると言っていましたし、落ち着かない感じになるのはよくわかります。
気候が落ち着くと、その辺も落ち着くようです。肌も敏感になります。よく季節の変わり目に化粧品が新発売されるので、つい不用意に買ってしまって テストもせずに使ってしまうので、余計こじらせてしまいます。肌がえらいことになってもちょっと治まると「せっかく高いのに買ったんだから」と使ってしまい、ひどくなってしまうなんてこともあります。
季節の変わり目はなるべく新しいことをしない、調節できる服を着るなど自衛しています。

朝の日課「テレビ体操」

"私の毎朝の日課、それは「テレビ体操」をすることです。

朝からランニングしたりストレッチをしたり、そんな本格的なことをする時間はありません。
でも、10分間のテレビ体操なら毎朝続けることができます。

テレビ体操を始めたのは一年ほど前になると思います。
ふと、子供の頃夏休みで通ったラジオ体操のことを思い出したのがきっかけです。

久々にラジオ体操をやってみたら、覚えてない部分が多くてくやしくなりました。
調べてみると、NHKの「テレビ体操」でラジオ体操をやっているとのこと。
そこで早速番組を見てみました。

NHKのテレビ体操では、ラジオ体操だけでなく日替わりで簡単な体操を紹介してくれます。
肩、腰、下半身、脚力強化など、ピンポイントにストレッチすることができます。

始めはラジオ体操目当てでしたが、この部分ストレッチがとっても気持ちよくて、毎朝見ながら体操するのが日課になってしまいました。

ハードな運動ではないものの、10分間体操していると身体がポカポカしてきて、眠気もふっとびます。

健康のため、これからもずっと続けていこうと思っています。"

朝はパン!

"朝は食パンを食べます。
食パンを焼いて、バターを塗って食べます。
コーヒーと、スクランブルエッグと、ハムと、余力があればサラダがセットです。
サラダは余力があれば・・・なので、ないと、完璧に野菜不足になります。
そんな時はコーヒーを野菜ジュースに変えたりします。
子ども達も同じものを食べます。
朝はバタバタなので、起きるまでにパン以外のものは用意しておいて、起きてきたら
食パンを焼きます。
小さいころは食パン1枚を食べきれなかったのですが、最近はペロッと食べてしまい、
何なら2枚目に突入するので、1日1斤必要になってきました。
スクランブルエッグは朝夫のお弁当を作ったときについでに一緒に作っておきます。
毎日同じものなのですが、特に気にもならず、スープがついたり、ソーセージに変わったりで
飽きることなく、パン食です。
基本はバターを塗りますが、ジャムになったり、ピーナツバターになったりもします。
味が変わると、ついついいろいろ食べたくなって、2枚目に突入することもありますが、
そうなると、後が動けなくなって、しばらく休憩したくなります。
"


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報