健康食品の購入を決めるきっかけに必要なもの

"私は、巷で売られている健康食品は、何かを改善してくれる効果を期待して摂取することを進めている食品です。例えば、疲れを取りたい、目の疲れを取りたい、体重を減らしたい、肌に潤いを与えたい、等の目的があり、その目的達成の補助となる食品という風に解釈しています。直接に目的を達成するには本来なら対応する医薬品の摂取が即効性が見込める具体的な手段なはずですが、健康食品には、医薬品と同様の効果を期待するに至る根拠を見出すことが出来ません。健康食品の広告を見ると、何々の何十倍、何十個分がこの一粒で摂取できる、飲みやすい味付け、1日数円のコストで続けられるなどのメリットが大々的に謳われるのですが、一番重要となる効果効能の具体的な説明については、法律規制のためか、詳細な説明が見られません。カタカナが羅列する成分が体内のどの部分にどのような効果をもたらすのか、効果をもたらすにはどの程度の分量の摂取が最適なのか、このことがはっきり判ることができなければ、いくら安くても、いくら飲みやすくても購入するまでの気持ちにはなりません。医学的な証明までがなされていないものも、健康食品の中には存在すると言われます。そうなるとますます手が出しにくくなります。効果があれば改善したい体の不具合は沢山あります。購入に至らない理由は、健康食品に全く興味を持っていないからではないのです。購入のきっかけとなる商品説明が欲しいだけなのです。
"


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報