夏冬の肌荒れ

"私は肌がとても過敏です。子供の頃にアトピー性皮膚炎がひどかったようなのですが、大人になっても敏感肌で些細な刺激で真っ赤になったり、痒みが止まらなくなったりします。お酒を飲むと真っ赤になって身体中が痒くなりますし、注射の時もアルコール消毒はできればやめてもらっているくらいです。
皮膚科にも定期的に通っています。処方はアレルギーの飲み薬と保湿中心の塗り薬です。ひどいときには炎症止めの塗り薬も併用します。
保湿というと一般には冬場のカサカサが話題になります。もちろん、冬のスキンケアを怠るとカサカサどころかガサガサになってしまうので、保湿化粧水、ミルクは欠かせませんが、実は一番つらいのは夏の汗をかく時期です。
汗のせいで、肌の表面はじっとりしますが、肌に必要な水分も出てしまうのかインナードライになってしまいます。また、日差しの刺激や汗の刺激で痒みが治まらなくなります。うっかり掻いてしまうと、最悪のスパイラルで傷口から痒くなるし、傷があると化粧水やミルクがしみてしまうし、でどんどんひどくなります。
おかげで夏もなるべく肌は露出せずに冷えても汗をかかないようにエアコンをつけざるをえないというありさま。
1年で調子がよいのは冬の前後の涼しい時期くらい。四季の移り変わりは好きですがこの肌荒れはなんとかならないものか、と毎年悩んでいます。
"


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報