やっぱり風邪を引いてしまいます

"季節の変わり目は、いつも風邪をひいてしまいます。朝晩冷えるのに、日中はすごく暑い、とか体が付いていかない感じなんです。どこか、自律神経も狂うようで、妙に涙もろくなったり不安症になったりして 思いつめるようなこともあります。
本当は睡眠薬などもらいたいと思うのですが、心療内科の敷居が高くなかなか行けていません。
知り合いも、季節の変わり目にちょくちょくパニック障害を起こして 過呼吸になると言っていましたし、落ち着かない感じになるのはよくわかります。
気候が落ち着くと、その辺も落ち着くようです。肌も敏感になります。よく季節の変わり目に化粧品が新発売されるので、つい不用意に買ってしまって テストもせずに使ってしまうので、余計こじらせてしまいます。肌がえらいことになってもちょっと治まると「せっかく高いのに買ったんだから」と使ってしまい、ひどくなってしまうなんてこともあります。
季節の変わり目はなるべく新しいことをしない、調節できる服を着るなど自衛しています。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報