発汗と脱水

掃除をするときに雑巾を絞りますよね。
濡れた雑巾をぎゅっと絞ると、含んでいた水分が出てきます。

そうです。ヒトの体で言うところの「汗」ですね。

スポーツなどで、体温の上昇を食い止めるために
一生懸命作った汗ですが、
作ったら作っただけ体の水分は体からなくなってしまいます。
この状態が続けば、体の水分量が低下してやがて脱水症状となります。
一般的に体重の2%の脱水が起こると何らかの異常が現れ
体の体温調節、運動機能が大幅に低下します。

激しい運動をした時の汗の量は
1時間に2リットルとも言われますから、
大きいペットボトルひとつ分は
水分が取られているということになりますから
熱中症を予防するためにも、汗に近い成分のスポーツ飲料などで
しっかり水分補給を行うようにしましょう。

「水じゃいけないの?」ですって?(^^)

実は、汗は液体ですが、タダの水ではありません。
ちょっとニガしょっぱいですよね。
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなど
イオンと総称される栄養成分も多く含まれていて、
汗と一緒に対外に多く排出されています。

ですから、スポーツ飲料や硬水のミネラルウォーターは
大量発汗時の水分補給に向いているんですよ。(^^)


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報