気温・湿度が高いとき

日本はもともと高温多湿の気候で、特に梅雨の時期、
じめじめしたもわーっとした独特の暑さは
誰もが体験したことありますよね。
雨降りが好きなヒトはいても、じめじめムシムシが好きな方は、
あまりいらっしゃらないかもしれません。

というのは、温度によるストレスを感じやすい気候であるからで、
じめじめムシムシをヒトが嫌うのは自然なことなんです。

温熱によるストレスを感じにくい気温は、
安静な状態で29~31度といわれています。
この気温の中にいれば、発汗や熱の生産をしなくても
体温維持が可能なため、気温のよるストレスが
非常に少ないといえます。

しかし、これより気温が高くなれば体温維持のための
発汗などの熱放出をしなくてはならず、
34度以上の気温になってくると、
発汗以外体温を下げる術がなくなってしまいます。

そこで更に湿度が高ければ、汗がなかなか蒸発出来ないため
気化熱による体温降下の効果がぐんと減り
結果的に発汗による体温降下の効果があまり得られず
熱中症になる危険性が高まるというわけです。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報