汗はかくけど無風のとき

体温を下げるために、汗をかきますが、
その汗が蒸発するときの気化熱を利用して体は体温を下げています。

上手くできているものですよね。(^^)

汗をかいたときに、ちょっと風が吹くと、
すーっとキモチ良いものではありませんか?
あの感覚は、体の表面にうっすらかいた汗が風によって気化して、
その時に体表の温度を奪っていってくれてるんですね。

風があるということは、汗が気化しやすいということです。
熱いときに扇風機の前に行くと涼しいのは、
汗が気化する量が風によって大幅に増すからですね。

あまり寒い日は除きますが、汗をかいたのに風がない日は
気化熱を上手く利用して体温を下げることが出来ませんから、
熱中症になりやすいものです。
だらだらと滴る汗は青春かもしれませんが、
本来の汗の役目を果たしていないのですよ。(^^;;

風のない日は、出来るだけ風通しの良い場所に移動して
極力風に当たるようにしたり、扇風機やうちわなどを利用して、
風の力を借りるようにしましょう。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報