熱射病(重度)

熱疲労を放置した、見逃した場合、一番症状の重い熱中症です。
命に関わる危険性もありますし、後遺症が残ることもあります。

熱疲労と同様の症状に加え、熱が40度を超えます。
言動がおかしかったり、返事が出来ない、
まっすぐに歩けないなどの症状が現れます。
全身のけいれんや、意識がなくなることもあります。

この状態になった場合、とにかくすぐに救急車を呼びましょう。
落ち着いて、どのような状況か伝えて、
到着までの間、救命処置を行いましょう。

大切なのは、熱を持った体温を出来るだけ冷ますことです。
動脈にあたる部分を局所的に冷やしたり、
体にまんべんなく、水やスポーツ飲料を吹きかけて、
うちわなどで風を送ることも有効です。
汗がかけなくなっているので、
人工的に汗の気化熱のしくみを再現して、
熱を下げる効果を得るわけですね。

意識を回復させるために、心肺蘇生が必要なケースもあります。
いざというときにどうしていいかわからない…!
ということがないように、
普段からどのような処置をすればよいのか
シュミレーションしておきましょう。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報