運動時に減る汗の量を知る

誰もが運動をしているときに必ず出る汗ですが、
どのぐらいの量が出ているかご存知でしょうか?

これ、意外に出てないと思うのですけど、
結構な量が出てるから、ビックリするんですよね…!!
具体的な例を挙げると、
体重50キロの人が1時間運動したとして

気温21度のとき、約300ml~400ml
気温25度のとき、約450ml~500ml
気温28度のとき、約500ml~550ml
気温31度のとき、約550ml~600ml

子供から大学生まで差がありますが、大体これぐらいです。
たった1時間の運動をするだけで、
持ち歩きやすいサイズのペットボトル1本分ですよ。

ですから、これだけの水分と塩分、ミネラルが
汗として出ているわけですから、
その分の水分を取らなくてはならないということです。

汗の役割は、体の熱を冷ますことにあり、
どうしても出さなくてはならない大切なものです。
思春期のころは汗を嫌いますが、
青春の良い汗をしっかりとかいたら、
忘れずにさわやかに水分補給してくださいね。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報