水分補給の頻度

昔は「運動中に水を飲むな!」と言って
熱血指導する指導者がいましたけど
今ではその数はめっきり減ってきています。

熱中症という障害が世間一般に広がり、
予防する観点からも水分補給はとても大切だということが
解ってきたからですね。

でも、まだ、いらっしゃいますけどね…(^^;;

とはいえ、飲み方にもポイントがあります。
「1時間に500ml飲めば良い!」というわけでなく、
これを一気飲みすると、おなかが痛くなったり、
気持ち悪くなったりと、逆に運動に障害をきたす恐れがあります。

そこで、水分補給のポイントとしては、
「少量をこまめに」が原則です。
具体的には、500mlの飲み物だったら
1回分の量を200~250mlにして
2~4回に分けて、冷たくして飲むと良いでしょう。

このような飲み方なら、急におなかを壊したり、
気持ち悪くなったりすることもないので、安心ですね。


メニュー

環境変化と熱中症

発汗機能と熱中症の予防

こんな気候は熱中症注意報

熱中症になりやすい人とは?

熱中症を防ぐ服装とは?

熱中症の症状と応急処置

熱中症を防ぐ休憩と水分補給

野菜ジュースで栄養補給

サプリメントNEWS

美容健康情報